ChatGPTを有効に使う

ChatGPT

ChatGPTとは何か

ChatGPTは、2022年11月30日に世界にリリースされました。高度なAI(人工知能)技術を活用して、あたかも人間が会話をしているような自然な形でチャットで質問に対して回答してくれるマシンです。       

リリース当初は多くの人にとってなじみのない言葉でしたが、現在ではITを専門に仕事をしていない人でも活用するほど普及しています。

ChatGPTを活用する

ChatGPTに触れてサービスを利用することはできても、有効な使い方については多くの人が試行錯誤を重ねている最中なのではないでしょうか。

以下、ChatGPTに自身(ChatGPT)の有効な活用方法を質問して、帰ってきた回答を検討しました。

  • 情報検索補助: ChatGPTは、一般的な知識を持っており、特定のトピックに関する情報を提供することができます。質問を投げかけると、関連する情報や解説を提供することができます。
ChatGPT

インターネット検索エンジンでの検索に比べると、現時点では正直言って情報の信用性に欠ける回答が多いです。例えば、人物を検索しても事実と異なる回答が出てきます。今後の精度向上に期待したいところです。

  • 学習や研究のサポート: 学生や研究者は、特定のトピックに関する質問やアイデアの相談にChatGPTを使用することができます。また、論文の要約や関連研究の提案などにも利用できます。
ChatGPT

学習や研究への活用場面は確実に増えていくのではないでしょうか。誰もが優等生の回答を引き出せる時代になりました。知的領域に大きな影響を与えることは間違いありません。ただし、学習や研究における利用のルールについては様々な意見があり、今後整備されていくことでしょう。

  • クリエイティブな活動: ChatGPTは文章生成に優れており、物語のプロットのアイデアや詩のライン、曲の歌詞などを提案することができます。クリエイティブなプロジェクトの一環として、インスピレーションやフィードバックの源として利用できます。
ChatGPT

既に楽曲作成などに活用されていますが、さらなる活用が見込まれます。これにより、これまでクリエイティブを担ってきたアーティストの職業に大きな影響があると思われます。

  • ユーザーサポート: ChatGPTは、顧客の質問や問題に対する応答を提供するためのチャットボットとしても使用できます。FAQの回答や基本的なサポート業務を担当し、人手を節約することができます。
ChatGPT

従来型のチャットボットより人間らしい回答がでてくるのではないでしょうか。人間が行ってきた受け答えの多くはChatGPTにより代替していくことでしょう。人間の仕事の多くがChatGPTに取って代わり人間の仕事がなくなる未来がやってくるかもしれません。

  • 言語翻訳や校正の支援: ChatGPTは、言語の理解と生成に優れているため、翻訳や文章の校正の支援として利用することができます。特に、日本語から他の言語への翻訳や逆の場合に有用です。
ChatGPT

翻訳機能は以前からありますが、精度が非常に高くなってきています。また、音声を組み合わせれば、あたかも人を介した形で通訳が可能となる未来が予測されます。国境を越えたコミュニケーションの壁がなくなっていきます。

ChatGPTの将来性について

上述した活用方法はあくまで一例であり、ChatGPTの活用方法は非常に多岐にわたります。今後は特定の目的に応じて、APIを使用してChatGPTを組み込むアプリケーションも開発が進んでいくことも考えられます。人々が日常のあらゆるシーンでChatGPTを活用することが見込まれることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました